2016年11月16日

シン・ゴジラ(第4形態)ver0.9

シン・ゴジラ(第4形態) ver0.9
完成:2016年11月
技法:不切正方形1枚折
用紙:雲龍紙+カラぺ(60cm×60cm)
モチーフ:シン・ゴジラ
godzilla-09_1.JPG

godzilla-09_2.JPGgodzilla-09_3.JPG

godzilla-09_4.JPG

godzilla-09_5.JPG

godzilla-09_6.JPG

きっかけ
 「ゴジラ」は子供の頃大好きでしたが、「シン・ゴジラ」は最初特に興味を持っていませんでした。ただ、Twitterを眺めていると、これは“今”映画館で見ないと後悔するな・・・と思い、見に行ったら凄かった。もう何が凄いのか分からないくらい凄くて終始震えていました。そして震えながら既に折紙で表現する構想に入っていました。恐るべし折紙脳。

構想
 「シン・ゴジラ」は作中で折紙がキーになったのもあり、折紙人にとっても人気のある題材となっていると思います。つまり、既に結構な人が手掛けています(「ゴジラ」でいえば昔からたくさんの折紙作品があるし、もちろん自分も何作品か作った。)
 そんな中で、自分が「シン・ゴジラ」を作るにあたって重視したのは以下です。
 ・目の表現。何考えてるのか分からないあの怖い目が表現したい。
 ・割れから見える紙裏も表現の一部に利用したい。
 ・「角の重さ」から、背びれや華奢な腕は辺角を用いたい。
 ・とにかく細部まで表現したい。
 
 で、このコンセプトを実現するための構造が、内部角で脚を出して辺角で背びれを出す。背割れ構造にする。といった回答・・・蓋を開けてみると神谷さんの「ディバインドラゴン」と同じ基本構造になっていました。折紙的にはあまり新規性が無いけどそんなことはどうでもいい。俺が表現したいシン・ゴジラはこの構造が最適なのだ。

godzila_20160930.png


 今回、本折りに使用する紙の開発も試作段階から実施しました。折紙作品は「構造と折り方」だけではなく、「使用する紙」とそれに合った技法の選択が重要であるということを強く意識するようになってきたので・・・。
 最近試作によく使う大判の上質紙を塗装してみたりしましたが、最終的に雲龍紙+カラぺで落ち着きました。(単に60p超の紙を塗装する設備が無かったのもある)
 白目を再現するために頭部のみ裏を白にしています。

今後
 今回はver0.9としています。つまり、自身のイメージを100%再現できていない。その理由は「尾が短い」から。ちょいと弄れば改善できますがとりあえず次の作品を手掛けたいのもあるので、ここで一旦完成としました。まあ、その内バージョンアップするかもしれません。

余談
 題材とタイミングが良かったのか、twitterでこれまでにない反響をいただいてしまいました。感想等を見ていると「1枚折りのインパクト」はやはり大きいと感じました。複合推進者の一人としては複雑な心境であります。

関連tweetまとめ






















posted by ゼニガメ男爵 at 23:39| Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: