2016年04月19日

オープンカーver1.0

オープンカーver1.0
完成;2016/4
技法:不切正方形1枚折
用紙:カラぺラピス
モチーフ:特になし
open_car_v1_01.jpg
open_car_v1_03.jpg
open_car_v1_04.jpg
open_car_v1_05.jpg
open_car_v1_06.jpg
open_car_v1_07.jpg

作品解説
 オープンカーver0.5で再現できなかった開発当初のイメージをようやく形にできたのがこの作品。Ver0.5は形にするのがやっとでした・・・。
 Ver1.0で再現できた開発当初のイメージは以下。これがver1.0における進化点になります。
1)ホイールの表現
2)フロントのデザイン
3)ハンドル

1)ホイールの表現
open_car_v1_12.jpg
 Ver0.5からタイヤ用の内部角を倍に沈め折りすることで、ホイール用の領域を確保するという直球の方法で実現できました。

2)フロントのデザイン
open_car_v1_02.jpg
 Ver0.5は、箱の角をつぶしてヘッドライトを造形するだけ・・・と力技でしたが、今回は折り出した角をフロントバンパーに使うというアイディアがブレイクスルーになり、しっかりとしたデザインを折り出すことができました。
 ヘッドライトの見立ては偶然できたものでしたが、これ以上無いくらいハマっていて運命を感じました。これぞ折紙創作の醍醐味(!?)。

3)ハンドル
open_car_v1_11.jpg
Ver0.5もハンドルは折り出していますが、開発当初のイメージである内部角をつぶして作るというアイディアは実現できていませんでした。今回は難なく実現できました。
Ver0.5の時は、あまり前例のない22.5度ベースによる自動車ということで、形にするのがやっとだったので・・・。

展開図・構造等
open_car_v1.png
 展開図を見てわかる通り、ver0.5を細分化、領域拡大したものになります。基本構造は変わっていません。
この車の基本構造、22.5度系をベースにしているため、折っていく内に誤差が大きくなってしまいます(折手の実力が残念)。そして、この誤差が曲者で、生物モチーフならば許容できる誤差でも、車では許容できない・・・この辺が機械モチーフの難しさかもしれません。※本折りでは、誤差を極力小さくするため、定規で測りながら折り進めました。

 今回の創作で初めて折り出し比率の計算、手順の導出を行いました。実はこれまでは必要性を感じてこなかったので、折り出し比率の検討はやってきませんでした。しかし、アイアンマンの創作あたりから、造形用の蛇腹部の幅と基本フレームの22.5度部分の幅を揃えて最適化したくなり、今回初めて比率計算が必要になって色々勉強しました。
 探偵団マガジン115号のクローズアップ、小松さんのサイト、神谷さんのサイト等を読み解き、何とか自分なりに理解して、やっとのことで自分が作った展開図を折り出す方法を見つけ出しました。
open_car_v1_oridashi.jpg
これが最適解かは分かりませんが、とりあえずこれで折っています。

以下、別アングル画像。写真は難しいです。
open_car_v1_08.jpg
open_car_v1_09.jpg
open_car_v1_10.jpg

今回は開発期間がものすごく長かったのでtweetまとめは不可でした。以上、オープンカーver1.0でした。もうしばらくコイツは折らない。
タグ:乗り物
posted by ゼニガメ男爵 at 23:56| Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: