2015年10月01日

オープンカーver0.5

完成:2012年
技法:不切正方形1枚折
用紙:忘却の彼方に(不明)
モチーフ:特になし
car-05_1.JPG


car-05_02.JPG


car-05_3.JPG


car-05_4.JPG


作品解説
 本作品は、当時、複合作品創作に疲れて1枚折創作がしたくなって手がけた作品です。題材としてはトランスフォーマーを折りたかったのですが、ハードルが高すぎて1枚で実現性が皆無だったので、とりあえず車から作ってみました。
 ちなみに本作品は、開発当時のイメージを半分程度しか再現できていません。よってver0.5となっています。

なぜオープンカー?
 車を題材に選ぶにあたり、格好良いスポーツタイプの車がイメージに浮かびました。さらに、シートやハンドル、シフトレバーも欠かせない。これらの表現を最大限鑑賞できるように、オープンカーを選びました。

こだわりのポイント
 本作品は、自身の創作ポリシーが如実に表れています。それは、「題材の構造をしっかりと表現すること」。
 車を題材とした作品のほとんどが、外装とタイヤのみを蛇腹技法で表現した「ハリボテ」ばかりです。自分が車をやるにあたり、それは先に述べたポリシーが許しませんでした。
 車はフレームがあって、そこにタイヤ、エンジン、シート等が取り付けられています。この構造を再現するため、後に述べるような構造をとりました。
 タイヤに厚みが無いとだめなんだよ!

展開図および構造
WS000003.JPG


 記録があいまいなので、この展開図が最終的なものかは定かではありませんが、基本構成はこの展開図の通りです。中央の4つの内部角を含む基本構成がフレームとなり、周辺の領域がフレームに乗る形でドアやフロントガラス、外装等を形成しています。
 タイヤに十分な厚みと存在感を持たせたかったので、タイヤを内部角で表現することは初期構想段階から決めていました。そのため、タイヤとフレーム部分は比較的早くできましたが、そこから立体にまとめつつ、他の部分をまとめていくのに非常に苦労しました。
 余談ですが、この作品の創作中に参加したコンベンションで森末氏のクラシックカーを拝見し、先を越されたと思いました。基本的な構造は同じだと思います。
タグ:乗り物
posted by ゼニガメ男爵 at 23:58| Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: