2015年05月16日

オリギュア開発史-5

前回からの続きです。

第4世代・・・一つの完成形!

 マネキン素体案は失敗に終わりましたが、そこで得られた知見や技術は非常に重要なものばかりでした(その内まとめたいです)。それらを用い、第4世代オリギュアといえるものが完成しました。

sara_1.jpg
第4世代オリギュア作例「玄蕃サラ」


今回は、オリジナルキャラクターではなく、版権物(ご当地キャラクター)に挑戦しています。

sara_2.jpg
顔アップ


 特徴的な狐目なので、キャラ判別できるレベルに仕上がったと思います。個人的には、かわいいと思えるものに出来ました。かなり「美少女フィギュア」っぽくなったと感じています。
 この第4世代で、オリギュア(というか、最初に作ろうとしたキャラクター人物造形)着想当初のイメージレベルに到達できました。実に10年近くかかりました・・・。


次のトレンドは「表情」!

 第20回折紙探偵団コンベンションで感じたことですが、1枚折り勢も「顔」の表現レベルが追いついており、次は「表情」と「動き」では無いか・・・と感じています。
「表情」は眉と口のはっきりとした表現が必要になるため、第4世代の技術では表現できません。よって、第5世代のテーマは「表情」と「動き」で開発をスタートしています。完成はいつになるか・・・複合でキャラクター人物造形を手がける人も増えてきているので先を越されそうですが、自分のイメージをその内再現できればと思います。


第4世代技術のオープン化

 また、第5世代の開発以外にも、一つの完成形に至った第4世代の折図化も構想しています。一応、オリギュアは折図化可能なものとして開発されている(ぐらい折りや、粘土造形がほとんど無い)ので、その証明がしたいのと、技術開示して折紙の暗黒面を拡大してやろうという魂胆です。

以上、長々続きましたが、自身の人物造形作品の開発史のようなもののまとめでした。
posted by ゼニガメ男爵 at 00:30| Comment(0) | 雑記