2015年04月16日

オリギュア開発史-4

前回からの続きで、第4世代開発段階の記事になります。

折紙は自由だ!
 オリギュア開発を止めてしまおう(そして、もっと一般受けのするもの折ろう)・・・そう思っていた時期が俺にもありました。
 ネタはさておき、そう思っていたのは事実です。というのも、オリギュアの下記制約の中では、これ以上の発展が難しいと考えていたからです。

 <第3世代オリギュアの制約>
・プリンター染色紙の使用(最大サイズと紙種が限られる)。
・全部品同一サイズの正方形使用。
・不切

 鋭い方はお分かりかと思いますが、使用枚数を増やせば、この制約条件下でも表現の幅は広げられます。が、やりたくなかった。
 兎に角、止めてしまおうと思っていたのに、どうして止め(られ)なかったのか・・・。もちろん他人の作品の影響を受けたからですが、キッカケは意外にも人物造形作品ではありませんでした・・・。その作品はこれ。

M1000014.JPG
「Mont-Saint-Mishel」作:川畑文昭(第18回折紙探偵団コンベンション展示より)


 第18回折紙探偵団コンベンションの展示で見たこの作品・・・1枚の紙に切り込みを入れ、折って作っているようですが、折紙というより切り折り紙の分野になる気がします。これを折紙界で知らない人はいない川畑さんがやったというのも衝撃が大きかったです。
 この作品を見た瞬間、自分の中で折紙の概念が変わったような気がします。そう、折紙は自由なのだと。そして、自身のオリギュアに課している制約を見つめなおし、紙サイズ統一という制約を無くした時に広がる無限の可能性に気が付いたのです。
 というわけで、(切り込みを入れるのと、正方形以外の紙を使うのは嫌だったので)紙サイズを各部品で自由とする事で、どこまで美少女フィギュアを表現できるか・・・第4世代オリギュアの開発が始まりました。

究極のプラットフォーム化と失敗
 第4世代の開発にあたり、最初のアイディアはマネキン状の素体に服、髪部品を取り付けるというものでした。素体を転用し、服、髪部品の新規開発のみで様々な作品を展開できる・・・究極のプラットフォーム化を狙ったわけです。
 用紙サイズの異なる複合作品を本気で考えたのは今回が初めて(中学の頃はよくやっていましたが)・・・色々と失敗を繰り返し、ようやくβ版の素体ができました。

sotai.jpg
折紙少女素体ver.β


 そして服と髪をつけた作例1号がこちらです。

shojo_seihuku.jpg
折紙少女 ver制服試作


 結果として、このアイディアは失敗でした。よく考えると分かりますが、服部品に極薄の紙が必要になるのです・・・(なんだか1世代の時も似たような失敗を・・・)。というわけで、このマネキン案はお蔵入りとなりました。

 この失敗から、マネキン状の素体を使用するという案は捨て、出来るだけ共通で使える部品構成を考慮しつつ、使用枚数を最小限に抑える方向で第4世代の開発を進めていくことになりました。
 続く・・・。
posted by ゼニガメ男爵 at 23:59| Comment(0) | 雑記